necojazz’s diary

ジャズを中心に雑食

『愛のくだらない』  映画コンパ!略して映コン!(シネコンじゃないよ) 2021年マイベスト10映画を語ろう編

f:id:necojazz:20220116111906j:plain

 

2022.1.15 シネマスコーレ 野本梢監督 『愛のくだらない』

 

necojazz.hatenablog.com

昨年の2月に愛のくだらないTシャツを購入してから11カ月。

ようやく鑑賞することができた。

 

www.youtube.com

 

誰しも生きづらさを抱えているのだろうが、他人の生きづらさについては無関心である。

もちろん私も生きづらさを抱えているが、他人も無関心だろうし、悟られないようにもしている。

LGBTに妊活に仕事上の理不尽やネットの書き込み等々、一見いろいろ詰め込み過ぎのように思えるが、実際の社会でも生きづらさはてんこ盛りで、誰しもが自分と同じように生きづらさを抱えて生きているのだと気付けばもう少し寛容な社会になるだろう。

生きづらさで転んでも立ち上がれば人として強くなり成長できる。

清掃員のおじさんの過去が気になるが、野本監督の理想の人間像なのかも。

 

f:id:necojazz:20220116112008j:plain

 

舞台挨拶には野本梢監督、主演玉井景役の藤原麻希さん、景の友人スミス椿役の橋本紗也加さんが登壇され、俳優のお二人はこれまでの野本作品に主演・出演されていて、気の置けない仲間によるざっくばらんなトークとなった。

作っては壊し作っては壊しを繰り返しながら作品を形付けていく野本監督の手法に、描いては塗り重ね描いては塗り重ねをすることによって深みを増す油絵のようにストーリーの深みがどんどん増していく様子が伺えた。

最初にデッサンした逆プロポーズは影も形もなくなっている。

 

f:id:necojazz:20220116112032j:plain

 

この作品にはジェンダーによる生きづらさもテーマになっていて、ラジオを聴いていたらたまたまSDGs (持続可能な開発目標) の「ジェンダー平等を実現しよう」について話していて、日本の達成度は4段階のうち最低レベルということだった。

国会議員に占める女性の割合は9.9%で191ヵ国中147位。

男女の賃金差は24.5%で女性の賃金は男性の75%ほどしかない。

家事や子育てなどの無償労働の男女差は1日あたり183.5分で3時間以上女性の方が多い。

その中でこのところの女性映画監督のご活躍はめざましいものがある。

 

f:id:necojazz:20220116112104j:plain

 

シネマスコーレに行く前にシアターカフェにて、映画コンパ!略して映コン!(シネコンじゃないよ) に参加して2021年に観た映画マイベスト10について語り合った。

私のマイベスト10

1.くじらびと

2.少年の君

3.アイダよ、何処へ

4.BLUE/ブルー

5.あのこは貴族

6.素晴らしき世界

7.先生、私の隣りに座っていただけませんか?

8.由宇子の天秤

9.のさりの島

10.東京自転車節

おまけ.偶然と想像 (1/3に鑑賞のため)

 

『くじらびと』観て、2014年マイベスト10の1位『ある精肉店のはなし』を思い出した。

 

www.youtube.com

 

牛の飼育から、屠畜、解体、販売までをやっている精肉店を営む一家のドキュメンタリーである。

 

www.meg-snow.com

 

生物学上、鯨と牛は同じ目(もく)で、反捕鯨団体はもちろん牛も食べていないよな、と言いたくなる。

鯨の目がアップになり涙を流すシーンがあり、牛も涙を流すと言われていて、それが生理的なものなのか感情によるものかはわからないが、インドネシアのマレラ村に住む人々が手作り舟と銛一本で命を懸けて鯨に挑む姿には、愛情を込めて育てた牛を屠畜するときの神聖さをも感じた。

必要以上に獲ることはせず、感謝し、分配し、肉や皮だけでなく骨以外はすべて活用し、大自然と調和していて、命は循環している。

 

www.youtube.com

 

舟に乗せてもらっての撮影ができたのは1991年から取材を重ねて村人たちとの強い絆を築いてきたからであり、ドローンを駆使した空撮と水中や舟上からの接写による鯨との死闘を撮った観たことのない圧倒的な映像をスクリーンで鑑賞することができて良かったが、これこそIMAXの大スクリーンと大音量で体験すべき作品。

 

他の方のベスト10で気になった作品。

 

www.youtube.com

 

メイキング映像を観て驚いた。

そりゃ7年かかるわな、というより、よく7年で撮ったなというくらい壮大で綿密で拘り抜いている。

7年後の次回作も期待してます。

 

www.youtube.com

 

阪元裕吾監督の作品だが、ノーチェックでした。

『ベイビーわるきゅーれ』よりこちらを推していることから間違いなくに面白そうだが、絶対にネタバレ厳禁ということで詳しくは聞けず、更に気になった。

 

necojazz.hatenablog.com

 

シアターカフェに持って行く差し入れで、以前にご紹介したショコラトリー Chii•Luhaitme (チィ・リュエーム) のムースショコラを購入した。

 

f:id:necojazz:20220116111951j:plain

 

ピカピカに光ったムースショコラは濃厚で滑らか。

中には塩キャラメル風味のムースが入っていて最高に美味しく好評だった。

お店はなく、豊田市にあるご自宅の蔵を改装した工房で作られていて八草駅で受け取ったのだが、お父さんが運転する車の助手席にはお母さんがいてご家族総出で配達していただいた。

車の中から何度も頭を下げてくださり恐縮です。

洋菓子屋で働くという選択をしないのは彼女は他人とのコミュニケーションに生きづらさを感じているからなのだろう。

無理せず自分のペースで美味しいケーキを作ってください。

 

www.youtube.com

 

私のベスト10の中では『あのこは貴族』も階層による生きづらさ (息苦しさ) を描いていて、上流階層では結婚相手は家柄と身分と家族の承認が大切らしく、嫁いだ先でも家柄を尊重しなければならない。

主人公は、生まれたときからプログラミングされているのでそれに何の違和感を持たないが、階層が違う女性との出会いが彼女を変える。

『あのこは貴族』の階層による生きづらさの続編として、国家レベルによるプログラミングをもろともせず、周囲や国民の反対も押し切って、金も儀式もクソくらえ、と生きづらさを打ち破って愛する人と結婚するという『あのこは皇族』が観たい。

truth 〜姦しき弔いの果て〜  おーたけ@じぇーむず

f:id:necojazz:20220110205446j:plain



f:id:necojazz:20220110212126j:plain

 

2022.1.9 センチュリーシネマ 堤幸彦監督 『truth 〜姦しき弔いの果て〜』

 

年末に車でCBCラジオを聞いていると、堤幸彦監督の新作映画『truth~姦しき弔いの果て』の特集番組が流れてきた。

堤監督の記念すべき50作品目はなんと自主制作映画ということだ。

1988年に故森田芳光氏、総指揮・脚本によるオムニバス映画『バカヤロー!私怒ってます「英語がなんだ!」』で映画監督デビューされてから、テレビドラマを含め、ずっとメジャーのど真ん中を歩んで来られた日本屈指のヒットメイカーによるインディーズ作品とは面白そう。

そのきっかけはコロナ禍に依るもので、映画業界の仕事がことごとく中断や中止になる中、俳優の広山詞葉さんが発起人となって、福宮あやのさんと河野知美さんに声を掛け、文化庁補助金で自主映画を撮ろうという話になったとのこと。

監督は誰にしようかと広山さんが以前一緒に仕事をされたことのある堤さんに相談された際に受けられたそうだが、広山さんが監督が堤さんに決まった話をされた時に他の2人は「何処のツツミさん?」となったらしい。

普段は、数億円の製作費は当たり前、作品によっては数十億円の制作費で映画を撮られている監督が、制作費700万円で撮るわけだから、誰しもそう思うだろう。

1月9日にはセンチュリーシネマで舞台挨拶もあるとのことで、その日は夜に鑪ら場のライブに行く予定だが、間に合いそうなのでネットで予約をした。

 

f:id:necojazz:20220111172929j:plain

 

だが、前日に再度時間を確認してみると、ガーン!。

いつもの早とちりで、鑪ら場の開演時間が19時30だと思い込んでいたのが、日曜日のため17時30分だった。

舞台挨拶が終わってから向かうと、おそらく1時間以上遅刻してしまう。

チケット代は既にカード引き落としがされていて、キャンセルできないのは仕方ないにしても、舞台挨拶が見られなくなったのは残念。

その前の回を鑑賞することにした。

 

www.youtube.com

 

喪服姿の3人の女性がビルの1室で鉢合わせとなる。

付き合っていた男性の葬儀の後、彼の部屋に来たのだが、三股を掛けられていたことがわかり、まったくタイプの違う3人が誰が一番愛されていたのかマウントを取り合う。

その果てにある真実とは?

 

制作費が何億と言っても、有名俳優の出演料や大勢のスタッフの人件費などが大半を占めている訳で、そこを撮影日数2日間、出演者は前述の3人+忖度出演の佐藤二郎さん(写真と声のみ)、撮影はビルの地下の一室でのワンシチュエーションムービーという手法を用いて、ローコストでハイクオリティの作品となった。

物理的制限があるからこそ思考的自由が活性化され、アイデアと工夫が生まれ、質と熱が増す。

堤監督にとって50という数字はとくに意味を持たないと思うが、宣伝費を掛けられない自主映画にとっては持って来いの話題性であり、50作品目になるべくしてなった作品だと思える。

 

www.facebook.com

 

河野さんは以前に迫田公介監督『父の愛人』で拝見していて、その作品も妻と娘と愛人という3人の女性が描かれていた。(撮影は10年前で、河野さんは愛人ではなく娘役でご出演)

こちらはさらに低予算だが、映画はお金で撮るのではなく、撮りたいという強い熱意で撮るものである。

 

f:id:necojazz:20220110221912j:plain

 

映画を鑑賞後、おーたけ@じぇーむず目当てで鑪ら場へ。

 

necojazz.hatenablog.com

 

昨年の12月に加藤伎乃さん目当てで行ったライブで片足が沼に嵌り、この日もう一歩踏み出したら見事にどっぷりと頭まで嵌ってしまった。

ギターはもはや身体と一体であり、感情を吐き出すように掻き鳴らし、声からは歌いたいという熱が伝わってくる。

前回、中村佳穂さんを思い浮かべたと書いたが、佳穂さんにはない毒を持っていて、沼の深さはじぇーむずの方が深いかも。

マイケル・ジャクソン張りのリズム感とポール牧師匠を彷彿とさせる指パッチン。

コロナ禍の中で光が差した情景を即興で歌った『バスタ新宿名古屋駅行き高速バス、ジャニオタ号』(曲名は勝手につけさせていただいた) でちょっと笑わせ、続けてコロナ禍で苦しかったときに作ったという曲で熱が沸騰する。

 

www.youtube.com

 

高円寺には一度だけ立ち寄ったことがある。

吉祥寺に向かう途中にいつもの早とちりで「寺」と聞こえたので、間違えて下車してしまった。

なので、正確には立ち寄ったとは言えず、今度ゆっくりと歩いてみたい。

 

f:id:necojazz:20220111214453j:plain

 

前回 valentinedrive ではスタジオ録音は完売のためライブ盤を購入したが、この日は多めにCDを持って来ておられて1枚購入した。

他のも買おうかと思ったが、2月19日にも新栄にある Hunny- unny に来られるそうだし、ちょくちょく名古屋に来ていただけるみたいなので、1枚ずつ揃えて行こうと思う。

レーベルは應武商店となっていて、いわゆる自主制作CDである。

聴き手としてはメジャーレーベルだろうが自主制作だろうが、中身が良ければ関係ないが、アーティスト側としてはいくら中身に自信があってもまず聴いてもらわなければどうしようもない。

自主制作映画に至っては上映してもらう場所を探すだけでも一苦労である。

 

www.youtube.com

 

かと言ってメジャーデビューすればすべてがバラ色になる訳ではない。

関わってくる人が多ければ多いほど個人の裁量は狭くなるし、売れなければすぐに契約解除となる。

一寸先は闇である。

おーたけ@じぇーむずと一寸先闇バンドには自由なままでバカ売れしてもらいたい。

それだけのポテンシャルは持っている。

HIKARU IWAKAWA SOLO BAROQUE

f:id:necojazz:20211229120841j:plain

2021.12.26 Hase  岩川光 (quena)

 

四半世紀程前になるが、生涯心に残るバロックの演奏を聴いた。

名古屋市民会館 (現日本特殊陶業市民会館) 大ホール (現フォレストホール) で拝聴したヨーヨー・マのソロチェロリサイタル。

J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲、ワイルド/サラエヴォチェリストに、心の深い深いところが静かに揺さぶられた。

 

f:id:necojazz:20211229122049j:plain

 

この日は他にも予定があったため、到着したときには既に2ndが始まっていた。

扉をゆっくりと音を立てずに開閉して会場に入ると、J.S.バッハ/無伴奏バイオリンパルティータが厳かに響いていた。

私の椅子も用意されいたが、腰掛けるときの僅かな音も憚るような雰囲気だったので、立ったままで後方から拝聴することにした。

 

f:id:necojazz:20211229120918j:plain

 

ケーナでバッハを吹いてみました的な再現音楽ではない。

バッハの意図や精神を理解しつつも、その時代に縛られることなく、今この空間でバッハの音符に新たな命を吹き込む。

その魂の籠った響き、抑揚、流れは、まさに神技。

Haseのしじまに響く音色は、四半世紀前と同じように神懸かっていた。

 

f:id:necojazz:20211229122206j:plain

 

2022年1月18日には、東京オペラシティリサイタルホールで岩川さんのコンサートがある。

ケーナ奏者、ケーナファン、ケーナのこれからにとって、画期的な日となるだろう。

田中健さんは聴きに来られるのだろうか。

『先生、私の隣に座っていただけませんか?』上映&トークショー

f:id:necojazz:20211227110227j:plain

 

2021.12.26 岐阜CINEX 堀江貴大監督 『先生、私の隣に座っていただけませんか?』

 

f:id:necojazz:20211228004512j:plain

 

岐阜に来たらマストで寄る HONKY-TONK でカレープレートを注文すると、店内の撮影は一切禁止だったのが、手元のみOKになっていた。

お客さんからの要望があったのだろう。

野菜の味は濃く歯ごたえもしゃきしゃきで、瑞々しさが伝わればと思う。

 

f:id:necojazz:20211228004604j:plain

 

中本マスターに、今からCINEXで岐阜出身の映画監督のトーク付き上映会に行くことをお伝えすると、CINEXへはご夫婦で『寝ても覚めても』を観に行ったことがあるとのこと。

新婚で不倫映画とは、どっちからの提案?と思ったが、仲が良いからの選択でしょう。

堀江監督が新婚で撮られたのも不倫映画。

しかも笑えるしサスペンスだし、夫婦で観たら会話が盛り上がること間違いなし。

 

theatercafe.blog.fc2.com

 

年末が差し迫ってきて、毎年恒例の「シアターカフェ・マイベスト10」について、ぼちぼち考えている。

そんな折、改めて鑑賞したが、やはりこの作品は外せないでしょう。

いろいろな方のマイベスト10をお聞きしたいので、気軽にご参加を。

 

necojazz.hatenablog.com

 

ひとつ前の投稿で、映画を選択する一番目の決め手は監督であることを書いたが、この作品はまさにそれ。

しかも、二番目の決め手である俳優陣も言うことなし。

 

f:id:necojazz:20211227112759j:plain.

 

地元岐阜での堀江監督作品の初上映ということもあって、客席にはご両親をはじめ、ご親戚やご友人なども来られていて、大勢の方が集まっての凱旋上映となった。

 

f:id:necojazz:20211227112902j:plain

 

なので、通常のトークイベントよりも時間たっぷりで、いろいろ興味深いお話をお聞きできたし、写真もどんどん撮って拡散してくださいとのことだったので、トークの内容を少しだけ。

ネタバレありですのでご注意を。

黒木華さん演じる佐和子が金子大地さん演じる自動車教習所の先生新谷に「先生が隣にいると安心して運転できるんです」言うセリフで、好きになっているのを理解して言っているのか、それとも好きなっちゃったのか、のツーパターンをさらりと演じられて、スゴイと思われたそうだ。

どっちの演技かスクリーンでご確認あれ。

黒木さんと柄本さんの間も絶妙で、間や言い回しによってクスッとさせられ、引き込まれる。

因みに黒木さんはひとつ前の投稿で書いた京都造形芸術大学(現京都芸術大学)の映画科を卒業されていてる。

もうひとつ、佐和子の母親役を演じる吹雪ジュンさんのシーンはかなりカットされたそうで、そのカットされた部分のセリフがテレビを消すだけのシーンで表現されていて、前からすべてを知っていたことを明かすセリフがむちゃくちゃ生きてきている。

当初回想シーンから始まる構想だったのを後半に持ってきていることによってガラリと作品も変わっただろうし、改めて映画は監督に依るところが大きいと納得。

黒澤清監督、濱口竜介監督に続く監督になる期待大。

 

www.tochiko.co.jp

 

岐阜CINEXでの上映は年明け1月7日まで。

お正月休みに是非!

 

CHAIN/チェイン  ショコラトリーChii•Luhaitme

f:id:necojazz:20211225210428j:plain

2021.12.23   名演小劇場  福岡芳穂監督  『CHAIN/チェイン』 

鑑賞する映画を選択する決め手は人それぞれで、私は監督に依る場合が多い。

福岡監督の作品は初鑑賞だが、今回の決め手となったのは北白川派の制作であること。

北白川派とは、京都芸術大学映画学科の学生とプロの映画人が協働して映画を制作するプロジェクトで、劇場公開を目的としている。

今年公開された山本起也監督の『のさりの島』や、鈴木卓爾監督の2019年公開『嵐電』などがあり、今作は第8弾となる。

将来は映画の仕事に携わりたいと考えている志士には魅力的なプロジェクトであり、プロ側は若手を育て実験的な試みができる場であり、観る側としても何か特別感がある。

 

www.youtube.com

 

会津潘を脱潘した架空の浪士の目を通しての新選組の内部抗争「油小路の変」を題材にした着眼点や、京都タワーなど現在のカットも交えての時代は変わっても人の営みはずっと繋がっていることの表現は、斬新な太刀筋で鮮烈な切れ味。

かつての同志が刀を交え無惨にも死体が晒された油小路で、現在の人々は死体にスマホのカメラを向け、そのあと写真に何か言葉を加えて世間に晒すのだろう。

思想が違うというだけで切り殺してしまう世の中ではなくなったが、何かちょっと気に入らないだけで言葉をという刃を振りかざし、返り血を浴びることなく人の心を切り刻む世の中になってしまった。

少なくとも切り殺す側も命懸けだったのに、死体が転がっていても気に留めない世の中になってしまった。

「百年経ったら、きっと・・・・・・」

便利になったことは間違いないが、良い世の中になったとは思えない。

映画を選択する際に監督の次に決め手になるのが出演者だが、お目当ての土居志央梨さんと辻凪子さんの存在感は圧倒的だった。

 

f:id:necojazz:20211225204314j:plain

 

名演小劇場からの帰り道、ジョゼ珈琲へ。

クリスマスケーキの配達と同じタイミングで店に入った。

クリスマスケーキを何処で購入するかの決め手も人それぞれ。

私はコンビニで売れ残ったのが安くなるのを狙うハイエナ系。

 

f:id:necojazz:20211226093427j:plain

 

配達の女性二人が出たあと、オーナーの塚田さんにお聞きしたところ、コーヒー学校で一緒だった女性が母親と配達されているとのことだった。

コーヒーに付いているチョコブラウニーは彼女のお手製で、少しかじっただけで濃厚な甘さが口に広がって美味しい。

修行でフランスへ行かれたそうだが、とてもそんな感じではなかったのでびっくりされたとのこと。

現在は工房でお菓子作りをして、置かさせてもらえるお店を探しているがなかなか見つからず、今のところはジョゼ珈琲だけでマルシェに出店しても芳しくないらしい。

もちろんコロナ禍で難しいこともあるが、どうやら営業とか売り込みが苦手な方のようだ。

 

https://www.instagram.com/chiiluhaitme/

 

チラシにあるQRコードからインスタをチェックすると、フォロワー18人とは、さすがに少な過ぎるだろう。

お世辞でも映えてるとは言い難いが、手作りの暖かさを感じる方が好きなので、私で19人目。

少しでも気になった方はフォローしていただいていて、もし宜しければお試しにご注文を。

クリスマスは終わってしまったが来年もやって来るし、バレンタインや誕生日だってあるし、何でもない日を特別な日にしてもいい。

その1分の間ジョゼ珈琲に居なかったら、ショコラトリー Chii•Luhaitme のことを知ることはなかったし、偶然という要素はかなりの決め手になる。

『DOCUMENTARY OF GOOD PLACE-Live Together,Rock Together-』 『ONGEN!』

f:id:necojazz:20211218211132j:plain

 

2021.12.18     Theater Cafe      監督  UGICHIN(ウギチン)

DOCUMENTARY OF GOOD PLACE-Live Together,Rock Together-

 

www.youtube.com

 

ライブハウスは新型コロナウィルスの影響を最も受けたと言ってもいいだろう。

大阪のライブハウスでクラスターが発生してからは悪の巣窟のように呼ばれ、金銭的な苦労はもちろん、精神的にも辛かったことは想像に難くない。

その苦境の中で,、全国5都市を結んで行われたオンラインサーキットイベントの模様をミュージシャン、スタッフ、音楽関係者などへのインタビューを交えて問題点や生き様を映し出したドキュメンタリーである。

参加ライブハウスは、桜坂セントラル(沖縄)、松山サロンキティ(愛媛)、心斎橋Pangea(大阪)、新宿LOFT(東京)、苫小牧ELLCUBE(北海道)。

配信ライブも名古屋飛ばしかよ、と苦笑い。

この中で唯一行ったことのあるのが心斎橋Pangeaで、その時に「知らんがな」というたこ焼き屋に寄った。

 

www.facebook.com

 

エンドロールのクラウドファンディングにも「知らんがな」という名前を見つけ、最初のクラスター以来一度もライブハウスでクラスターが発生したことを聞かない中で、ライブハウスもクラスターなんて「知らんがな」と言いたいだろう。

 

www.youtube.com

 

出演バンドは、愛はズボーン、INViSBL、河内REDS、デラックス×デラックス、TERRASEA、the Triops、なづき、ひめキュンフルーツ缶BUGY CRAXONEbootleg verrolls、BUMBA、PUTAINS、Lilly drop、浪漫革命。

聴いたことがあるバンドはひとつもなかったが、それでも十分に楽しめたので、知ってるバンドがある方は尚更楽しめるだろう。

 

ws-tokyo.com

 

一寸先闇バンドは19日にワンマンライブで配信もありますので、こちらも是非!

 

f:id:necojazz:20211218211144j:plain

 

JBLのスピーカーもライブハウスさながらの大迫力で、オーナーの江尻さん曰く「いつもより音量大きめです」とのこと。

音楽好きはもちろん、コロナ禍で苦境に喘ぐ人々にもその重低音は響くだろう。

 

theatercafe.blog.fc2.com

 

上映は12月26日(日)までですので是非!

21日(火)と22日(水)は定休日ですので、間違えて来ても知らんがな。

 

naoyukihiyoshi.hatenablog.com


この日、神戸の100BANホールで行きたいライブの配信があった。

日吉直行さん(pf)と浅井良将さん(as)との Piano Solo & DUO『ONGEN!』。

お二人ともライブに足を運びたいと思っているミュージシャンだが、名古屋に来られる機会は少なく、まだ生ライブではお聴きしたことはない。

実は日吉さんとは名古屋にお呼びするお話もさせていただいたが、謙虚過ぎるお人柄もあって実現しておらず、配信でお聴きできるのはありがたい限り。

映画の爆音とは対照的な耽美で深淵な世界。

思わず見惚れてしまう指使いをアップで堪能できるのも配信ならでは。

 

www.youtube.com

 

アーカイブ配信は12月26日(日) 23:55 まで視聴できますので、こちらも是非!

ロックとジャズ、音量が違えども熱量の高さは同じである。

Ito Amane Quintet

f:id:necojazz:20211215002841j:plain

2021.12.13    THE WIZ

伊藤天音 (pf) 永田隼 (as) 須賀奏太 (gt) 串原光星 (b) 榊原周耶 (ds)

 

f:id:necojazz:20211215101538j:plain

 

WIZの月曜日は Monday Jam『学生ライブの日』として、学生のみなさんに演奏の場を提供されている。

この日は、名古屋音楽大学名古屋工業大学名古屋芸術大学名古屋大学、と様々な大学から精鋭達が集まった。

これからの名古屋のジャズシーンを知るためにも聴いておきたい本気のメンバーの音は、なるほどと唸る実力者揃いだった。

 

f:id:necojazz:20211215101611j:plain

 

その中でも私のイチオシ、伊藤天音さん。

7月に主催した渡辺翔太さん&梅井美咲さんの2台ピアノコンサートでのオープニングアクトをお願いして以来、お久しぶり。

オリジナルのセンスもあって、上手いことは間違いないが、もっと遊び心を持って破目を外しても良いのではと、本人と話したこともある。

上手いのが当たり前のジャズの世界では優等生だけで食べて行くのは難しい。

その点の近況をお聞きしたところ、予想外の決断にビックリオッタマゲで、現状を打破したい気持ちがひしひしと伝わってきた。

これは確変の予感がする。

 

f:id:necojazz:20211215101636j:plain

 

学生ライブのあとは学生によるジャムセッション

ライブ出演者がホストとなり、10人程が組み合わせを変えて5曲を演奏。

その中で一番気になったのはベースを弾いている写真の女性。

弾く前の所作から雰囲気があって、弾き始めてからも余裕を感じた。

またお聴きしたいです。

 

f:id:necojazz:20211215101724j:plain

 

リスト表のボーカルの欄に○印がなかったので、ボーカルなしだと思っていたらホストプレイヤーの須賀さんがボーカルを買って出ての「Georgia on My Mind」。

スマホで歌詞を確認しながらの味のある歌声と独特な表現力。

彼はジャズ世界で食べて行けるかも。