necojazz’s diary

ジャズを中心に雑食

『bloom』『光』『二人ノ世界』

 

f:id:necojazz:20210117101233j:plain

2021.1.16

高浜市やきものの里 かわら美術館『bloom』『光』

刈谷日劇『二人ノ世界』

 

f:id:necojazz:20210117174256j:plain

 

www.takahama-kawara-museum.com

 

俳優ではなくカメラマンとしてお忙しい合間を縫って高浜市にお越しくださり、永瀬正敏さんが感じた高浜の日常をそのまま切り取られた写真展。

鬼師や菊人形師といった伝統や技をを継承する職人に、真っ直ぐ前を見つめる少女。

新型コロナの影響だろう、誰もいない遊園地に人影が見当たらない駅のロータリー。

雨に咲いた赤い傘。

二度と戻ることのない刹那の瞬間を永瀬さんの目を通して、自分の心に刻む。

ぜひ会場に足を運んで永瀬さんが心惹かれた何かを心に留めていただきたい。

 

作品は一部を除いて撮影できるが、ここに載せるのははばかるので、僭越ながら私の撮った中から、っぽいのをいくつかお目汚しさせていただきます。

 

f:id:necojazz:20210117141716j:plain

 

f:id:necojazz:20210117145153j:plain

 

f:id:necojazz:20210117142733j:plain

 

f:id:necojazz:20210117143407j:plain

 

写真展の前に関連企画として上映された河瀨直美監督『光』を鑑賞した。

 

f:id:necojazz:20210117165842j:plain

 

永瀬さんは視力を失っていくカメラマン役で、劇中の中森雅哉の写真を観ているようでもあった。

 

www.youtube.com

 

映画の中で、視覚障がい者向けの音声ガイドをする美佐子 (水崎綾女) が雅哉に向かって「想像力がない」と感情を抑えられなかったのに対し、上司の智子 (神野三鈴 )が「本当に想像力がないのはどちらかしら」と言うシーンがあった。

写真展では視覚に障がいがある方の作品鑑賞を手助けする「触図」(立体コピー) も展示されていて、目を閉じて触ってはみたもののまったくイメージが浮かばず、視覚に頼らない方の手の感覚、音や言葉に対する想像力の深さに納得した。

これは実際に足を運んで触れなければわからない。

 

f:id:necojazz:20210117194208j:plain

 

 写真展との連動企画で刈谷日劇にて『永瀬正敏作品特集』が上映されていて、あとで寄ったところの入場料金が割引される。

かわら美術館の高浜港駅から刈谷日劇刈谷市駅まで名鉄三河線で11分。

車でも15分程度と行き来しやすい。

 

kariyanichigeki.com

 

この素敵な企画に感謝しつつ、10作品すべて鑑賞させていただく予定で、この日鑑賞した『二人ノ世界』は昨年のマイベスト10に挙げさせていただいた。

ベスト10に順位をつけなかったのはその時の気分によって順位が変動するからであるが、実はベスト1に限っては『二人ノ世界』で揺るがない。

 

necojazz.hatenablog.com

 

最初に鑑賞した時は愛知 (イオンシネマ名古屋茶屋) では最後の上映で、2回目が京都 (イオンシネマ京都桂川) での鑑賞だったため、オススメしても愛知の方には残念な気持であったが、今回は1月28日までなので騙されたと思って観ていただきたい。

本当に騙されたと思った方がいたら入場料金を私から返却させていただく。(くらいの気持ち)

2月13日~19日、シネマスコーレにて永瀬正敏さん主演の『いきもののきろく』と『実験映画』の短編作品の二本立て上映があるのでそちらも伺いたいが、スコーレさん『二人ノ世界』の上映もお願いします。

 

f:id:necojazz:20210117222109j:plain

 

『光』と『二人ノ世界』、偶然とはいえこの上ない組み合わせだった。

『二人ノ世界』の華恵 (⼟居志央梨) も雅哉と同様に後天的に視力を失うが、失ったものはそれぞれにそれだけではない。

永瀬さんと土居さんの視線や視覚障がい者の動きもそれぞれに研究しつくされていて、音の演出にも拘りを感じた。

雨や風、鳥のさえずりに川のせせらぎ、シーツのしわを伸ばす音、お守りの鈴の音。

永瀬正敏さん演じる雅哉と俊作。

完全に失明し智子の顔を手で確かめる雅哉と、華恵に触られ「(父親と) よう似とりますねぇ」と言われる俊作。

雅哉は「逃げることはないからそこで待ってて」と言い、俊作は「そちらに行きたくても行かれへんから来てほしい」と言う。

どちらのピアノの音も凛とした美しさの中に力強さも感じる。

両作品で1枚のサントラを出してはもらえないものか。

以前、俊作と華恵の行く先にある「現実」とやらは「奈落」なのかも知れないと書いたが、今日は「光」を感じた。

 

f:id:necojazz:20210117222208j:plain

 

お昼に店主とラーメンの濃さが全国的に知られている『豚骨 大岩亭』に伺った。

 

f:id:necojazz:20210117222654j:plain

 

ネギラーメン特鳥を注文して、誰もがやるようにレンゲを立ててみた。

店主とラーメンどちらも「濃いだろ、濃いっ。」。

それを言うなら恋ではなく「愛だろ、愛っ。」。

 

www.youtube.com

 

お忙しい中、わざわざ厨房から出てきて「あぁぁぁぁぁいっ」をやっていただいた大岩さん、めちゃくちゃいい人です。

f:id:necojazz:20210118113239j:plain

新春を彩る名曲コンサート 名古屋ヴィルトゥオーゼンニューイヤーコンサート

f:id:necojazz:20210107205002j:plain

2021.1.3 新春を彩る名曲コンサート

2021.1.5 名古屋ヴィルトゥオーゼンニューイヤーコンサート

宗次ホール

 

年末の風物詩とも言える『第九』をほとんど聴くことなく新年を迎えた。

オーケストラに加え合唱団の大所帯では、密にならざるを得ないし、飛沫も飛び交うだろう。

コロナ禍で大変な状況が続く音楽業界のなかでも、とりわけクラシックへの影響は甚大である。

そんな中、少しでも新年の気分を味わおうと3日と5日に宗次ホールへ足を運んだ。

 

f:id:necojazz:20210110004928j:plain

 

年配客が多いだろうから客足は鈍いかなと思っていたが、両日ともかなりの盛況ぶりで、要因のひとつとしてチケットの価格もあるだろう。

宗次ホールはお昼の時間帯に気軽に聴けるランチタイムコンサートに力を入れていて、3日の『新春を彩る名曲コンサート』が1000円、5日の『名古屋ヴィルトゥオーゼンニューイヤーコンサート』でも2000円と、うれしい価格設定。

 

f:id:necojazz:20210109231012j:plainf:id:necojazz:20210109231047j:plain

 

新春を彩るコンサートとあって、どちらも華やいだプログラムであった。

両日演奏された『美しく青きドナウ』では、瑞々しい清らかな流れとゆったりとした優雅な流れの心地よさに少し微睡んだりもした。

落語なら高座から怒鳴られそうなものだが、クラシックの場合、心が安らんでリラックスするのは音楽の効能のひとつでもある。

コロナ禍でずっと気を張った生活をされている方にこそオススメしたいが、医療従事者の方はそんな余裕もないだろう。

お疲れ様です。

コンサート終了後は「元気がもらえた」と、みなさん笑顔で会場を後にされていて、音楽の持つ免疫力を改めて感じた。

 

f:id:necojazz:20210109231221j:plain

 

高い天井から生まれる残響と、どの席でも同じ様に音の跳ね返りを感じるプレミアムなクラシック専用の空間。

視覚的にも耽美な世界観を感じる。

 

f:id:necojazz:20210110005033j:plainf:id:necojazz:20210110005105j:plain

 

ご存知の方も多いと思うが、宗次ホールはカレーハウスCoCo壱番屋の創業者である宗次徳ニ氏が「くらしの中にクラシック」のコンセプトのもと、私財を投じて建設された。
敬意を表して中区瓦町店でロースカツカレー3辛400gをコンサート前にいただいた。

 

f:id:necojazz:20210110005304j:plain

 

元旦に『芸能人各付けチェック』をまんまと見てしまったが、その中で名器による弦楽四重奏を当てる問題があった。

一方はストラディバリウス3挺を含む総額49億円。

もう一方は初心者用の106万円。

これを間違えるか?と自信満々にBを選んだら見事にはずしてしまった。

芸能人もはずされた方のほうが多く、初心者用であってもそれなりの音を出すプロフェッショナルの技量はさすがである。

そして、2月10日には日本を代表するバイオリニスト古澤巌氏の演奏でストラディバリウスが聴けるコンサートがある。

古澤氏には、宗次コレクションの中から A.ストラディバリウス1718サン・ロレンツォExヴィオッティが生涯貸与されていて、ココでの響きは一番だろう。

さすがにチケット代は5000円するが、それでもかなりお値打ちである。

各付けチェックでAを選ばれた違いのわかる一流一般人の方は是非。

 

ジョゼと虎と魚たち

f:id:necojazz:20210104215949j:plain

2021.1.4   MOVIX三好

 

予告編を観たとき「これはないな」と思った。

でも、好きな小説がどう料理されたのかは気になるところでもある。

 

www.youtube.com

 

案の定、尾ひれだけでなく翼まで生やして、原作とはかなり違う話になっていたし、大阪なのに標準語だし。

もちろん実写版とも別物。

しかも設定まで変えていて、原作では恒夫は社会人になったばかりでジョゼは生活保護を受けていているのを、学生の恒夫がバイト代をもらってジョゼの世話をするとは...あり得ん。

昭和の話を令和に変換して、鑑賞してもらうターゲットを考えるとこうなるんだろうな。

 

f:id:necojazz:20210105094038j:plainf:id:necojazz:20210105094105j:plain

 

MOVIX三好に行った際は『ナビィのパン』で一服するのが決まり。

リーズナブルでほっとする美味しさ。

 

f:id:necojazz:20210105095311j:plainf:id:necojazz:20210105095420j:plain

 

その前のスペースに先日ブログに書いた『AWAKE』の劇中で使用された将棋代差しロボット『新電王手さん』が展示されていた。

性能だけでなく機能美も追及したフォルムで、アームの先のグリップバーで駒を挟んで隣の駒に触れることなく打ち、駒を回転させ成り駒もできる。

この『新電王手さん』も見どころのひとつ。

対局のシーンでは DENSO のロゴが赤く光ってやたらと目立っていたが DENSO の本社はMOVIX三好の三好市の隣の刈谷市にある。

そう言えば、刈谷市刈谷日劇で、2020年映画マイベスト10に挙げた『二人ノ世界』の愛知で二度目の上映が決まった。

永瀬正敏特集ということで見逃していた『さくら』が上映されるのもありがたい。

もう一人の主演、土居志央梨さんは2020年だけでなくオールタイムでもベストの演技だった。

NHK連続テレビ小説『おちょやん』にご出演中だが、スクリーンでの次回作も待たれる。

 

www.youtube.com

 

上映期間は1月15日~1月28日なので、是非。

 

kariyanichigeki.com

 

ジョゼコーヒーの栄子さんにもこの作品の話をして興味を持たれていたので教えてあげなくては。

 

f:id:necojazz:20210105092501j:plainf:id:necojazz:20210105092607j:plain

 

ブログの『ぐるり』は映画『ぐるりのこと。』からつけられた。

昨年ご覧になられた映画についても書かれているが、ベスト3渋すぎです。

 

ameblo.jp

 

f:id:necojazz:20210105130600j:plain

 

石若駿さんのアルバム『SONGBOOK』から青羊さん(けもの)作詞・ボーカルの『ジョゼ』をリクエスト。

おそらく、アニメを鑑賞される方の多くは原作である田辺聖子さんの小説は未読であろう。

確かに原作から言えばあり得ない部分もあったが、一つのアニメ作品ということで言えば十分に楽しめた。

小説では虎は恐怖の対象であったが、アニメでは檻の中から出られない虎をジョゼが自分と重ね合わせていたように思えたし、小説では海を見たのは2回目としか書かれていないが、1回目はそういう解釈ですか、なるほど。

田辺聖子さんも空の上で微笑んでおられるだろう。

AWAKE  2020年映画マイベスト10

f:id:necojazz:20210102214322j:plain

2021.1.2 AWAKE センチュリーシネマ

 

2021年の映画はじめ。

地元では10年にひとりと言われる天才も奨励会に入会すればただの人。

上には上がいることを思い知らされる。

しかも奨励会からプロ棋士に進める者は年間でたったの4人という超狭き門。

ひとりはプロ棋士となり、ひとりは夢破れて奨励会を退会した。

そして、数年後に若手強豪棋士 vs 最強将棋ソフト開発者として再び対局する。

 

www.youtube.com

 

電王戦のシーンは2015年の話で、2017年には佐藤天彦名人(当時)がボナンザに連敗し、人間 vs 将棋ソフトの戦いに終止符が打たれた。

もはや両者が対局する意味はなくなった。

現在は将棋ソフトの最善手をどれだけ指し続けられるかが勝利への道筋であり、評価値放送では形勢が数値化される。

私も『もりけんTV将棋』で評価値放送を楽しまさせていただいている。

 

www.youtube.com

 

「AI越え」という言葉が話題になったように、AIが将棋人気の一役を担うようになり、それに併せて藤井聡太二冠が現れたのは偶然ではないだろう。

ストーリーの着眼点の面白さはもちろんだが、少年時代も含めライバル2人の演技もみどころ。

言葉ではなく視線や身体の細かい動きで心の内を見事に表現している。

この作品を観たいと思ったきっかけである落合モトキさんは凄いの一言。

彼の出る作品は今後も見逃せない。

 

f:id:necojazz:20210103000056j:plain

 

映画鑑賞後、センチュリーシネマのPARCO東館からすぐの松坂屋南館2階 KiKiYOCOCHO にある R ART OF COFFEE にて2021年のカフェはじめ。

百貨店も新型コロナの影響は大きく、中でもメインである年配のお客様はかなり少なかったそうだ。

今年は回復しますように。

 

f:id:necojazz:20210103000024j:plain

 

例年はシアターカフェで映画マイベスト10 を発表しているが、昨年はそれもなかった。

2020年の映画マイベスト10。

順位はつけません。

・アルプススタンドのはしの方

・彼女は夢で踊る

・君がいる、いた、そんな時。

・37セカンズ

・空に聞く

・はちどり

・パラサイト 半地下の家族

ばるぼら

・二人ノ世界

・本気のしるし 劇場版

         (50音順)

 

www.youtube.com

 

『彼女は夢で踊る』は大好評につき、シネマスコーレにてアンコール上映 (1月9日~1月22日) があるので、是非。 

 

www.cinemaskhole.co.jp

 

私も3回目行きます。

水野修平トリオ

f:id:necojazz:20201230231551j:plain

2020.12.30 STAR☆EYES 

水野修平トリオ 水野修平 (pf) 吉岡直樹 (b) 山崎隼 (ds) 

+斉藤圭祐 (ts)

 

f:id:necojazz:20201230231615j:plain

 

スターアイズのドラゴン服部シェフからメールが届いたのはPM4:30だった。

ライブ開始の2時間前、急遽の英断だった。

メールの内容は、メンバーが新型コロナウイルスの濃厚接触者になったため『ユッコ・ミラー年末スペシャルライブ』は2日とも中止になったとのこと。

ユッコ様ご一行はもちろん名古屋に到着されていたので、誰よりも残念に思っているのはユッコさんとメンバー及びスタッフであろうし、こればかりは仕方ない。

ユッコさんは来なくとも、差し替えのライブはあるみたいだし、何よりドラゴンシェフとイノシシのペンネをいただくことを約束していたので、スターアイズへ GO TO した。

着くと、お店の黒板には本日のライブ『水野修平トリオ』とあった。

よし、Goodなメンバーなので、全然OK。

 

 

お店の扉を開けると、あれ?サックスの音が。

隼さんのつぶやきを見たらしく、高校生テナープレーヤーの斉藤圭祐さんが参戦されていた。

『Giant Steps』や『Mr.P.C.』など、コルトレーンのナンバーを中心に斉藤さんの得意どころをジャムセッション

名古屋の大御所二人のピアノとベースに臆することなく、堂々とした吹きっぷりで、なかなかのフリー&慟哭系。

金沢ジャズストリートで初めてユッコさんをお聴きした時の衝撃をちと思い出しながら、あら削りの有望な若い音が聴けて楽しかった。

 

f:id:necojazz:20201230231713j:plain

 

ドラゴンシェフから是非食べてほしいとメールがあった新メニュー『イノシシのラグーペンネ』。

ワイルドな味だが、けものの臭みは全く無く、マジ美味い。

是非また注文したいところだが、ドラゴンシェフはコロナの影響のために年内いっぱいで一旦スターアイズから離れるらしい。

それを聞いていたこともあって足を運んだのだが、私の他にも律儀にペンネを食べに来られた方がもう一人。

 

f:id:necojazz:20201230231814j:plain

 

柴田さんではありませんか。

ユッコさん目当てのお客さんはほとんど来られず、お店としてはスタッフや仕込みも準備万端だっただけに残念だけでなく、痛い。

それを承知しての来店。

さすが帝王。

スタッフの和華さんとの談笑中、失礼しました。

 

youtube.com

 

その和華さんのユニット Blurabbi の新しい動画『糸』のカヴァー。

これまでの感じとは少し違う、まさかの中島みゆきさんだが、いろいろ挑戦をして幅を広げていってください。

チャンネル登録よろしくお願いします。

 

f:id:necojazz:20201230232806j:plain

 

ついでにドラゴンシェフの写真も一枚撮ろうとしたら、奥からスタッフを呼んできて「ダブルイケメンで」と言われたが、残念、完全な引き立て役になってます。

ロシアとのハーフのJustinさん。

彼も高校生のアルトプレーヤーとのこと。

これでサックスも上手かったら罪です。

 

f:id:necojazz:20201230232857j:plain

 

斉藤さんは高校卒業後、春から東京でジャズを学ばれるとのこと。

昨年高校を卒業された隼さんは2週間前から活動の拠点を東京に移された。

コロナ禍でなければ東京を飛び越して今頃ニューヨークだったかも。

ユッコさんとの初共演を楽しみにされていただけにガッカリという感じは否めなかったが、チャンスはまだまだいくらでもある。

ユッコさん、ピンク&ゴールドでのステージは映えると思いますので、東京でも隼さんをよろしくお願い致します。

ところで、お揃いのそのポーズは何?

 

f:id:necojazz:20201231015118j:plain

 

今回は陽性ではなく濃厚接触者ということですので、みなさん何事もなくご無事であることを心よりお祈りして、またスターアイズでお聴きできる日を楽しみにお待ちしております。

その前に2月7日の豊川市フロイデンホールでのコンサートに伺いますのでよろしくお願い致します。

榊間浩 ストリートドラムス

f:id:necojazz:20201227234609j:plain

 2020.12.25 栄オアシス21前 

榊間浩(dr) ダンスの上手いカップル 陽気なパキスタン

 

f:id:necojazz:20201227234951j:plain

 

愛知県の時短要請により、西山瞳さんのソロピアノライブが21時で終了したため、帰るにはまだ時間が早いなと思ってクリスマスのテレビ塔を撮ろうと栄に向かった。

 

f:id:necojazz:20201227235058j:plain

 

オアシス21からのアングルもいいかなと足を向けると、何やら音楽が聴こえてきた。

おや、路上ドラマーだ。

 

f:id:necojazz:20201228010330j:plain

 

少し前に久屋公園で、葉加瀬太郎さんとの共演で話題になった若い女性ドラマーが叩いているのをお見掛けしたが、なかなかの人だかりであった。

スティック捌きも華麗でカッコ良かったっス。

 

f:id:necojazz:20201228001338j:plain

 

こちらは若くもないし可愛くもないと言ったら失礼だが、それに優る重くてしなやかなビート。

その鼓動は内在している何かを解放させてくれるように感じた。

Twitterをされているので、是非チェックしてくだされ。

 

twitter.com

 

足を止めて聴いていると、若い女性が身体でリズムを刻んでいたので失礼して写真を撮らさせていただいた。

彼女も何かを解放しているようだ。

 

www.youtube.com

 

しばらくして、全開放状態の外人さんがやって来て、農耕民族にはないノリで盛り上げだすと、マライアキャリーの曲で彼女がダンスを始め、彼氏が呼応する。

すると、外人さんはさらに煽って、『We are the Word』やエレカシの『今宵の月のように』では取り巻きからも歓声が上がり、ちょっとしたお祭り状態。

今度はその外人さんがパキスタンのご出身とわかると、パキスタンの曲を検索してパキスタンのリズムに乗って叩き、踊り、『君が代』でも叩き、踊った。

そうこうしているうちに20人近く居たであろう人だかりはひとり減り、ふたり減り、終電の時間も近づいた頃には、ドラマーとダンスの上手いカップルと陽気なパキスタンに私だけとなった。

 

www.youtube.com

 

「12時過ぎたらクリスマスの曲はやらないよ」と叩き始めた曲に合わせて、観客は私だけになったステージでリズムを楽しんでいる。

人が居ようが居まいが関係ない。

最初から人だかりのためではなく自分のために踊っていた。

それは観ている私をハッピーな気持ちにさせてくれた。

 

www.youtube.com

 

12時が近づきラストのクリスマスソング。

あとで原曲を検索したが、この日のパフォーマンスも重なって私のNo.1クリスマスソングとなった。

 

f:id:necojazz:20201228001647j:plain

 

日付が変わったあとも、スティングなど叩いてしばらくライブは続いた。

4人の皆さま、最高のクリスマスプレゼントをありがとうございました。

来年のクリスマスの夜もこの場所に足を運びたいと思います。

またお会いできましたら。

 

西山瞳 ピアノソロ

f:id:necojazz:20201227164400j:plain2020.12.25 新栄 Lamp

2020.12.26 京都 Nam Hall

 

毎年、年に2回は定期的に名古屋に来ていただいている西山さんだが、今年は無理かなと思っていた年の瀬のクリスマスにようやくお越しいただいた。

おそらく名古屋でのソロピアノは初めてではないかと思う。

(何人かの方からご指摘いただき2回目でした。私もその場にいましたがどーもすみません)

会場は初めてのランプ。

コロナでなければなかった取り合わせは新鮮さを感じた。

場所と楽器が変われば音楽も変わる。

 

f:id:necojazz:20201227171536j:plain

 

今年リリースされたソロピアノアルバム『Vibrant』。

イタリアの名器 Fazioli F212 を渋谷ホールで響かせた美しさに包まれる感覚は西山さんの旋律とタッチの美しさとの相乗効果によって途轍もなく心地良い。

照明を落として音に集中してじっくりと浸るアルバム。

そう言えば、コロナ禍で廃業してしまった名古屋ブルーノートはジャズクラブで初めて Fazioli を置いてジャズ界隈では話題になったが、あの Fazioli はどうしているのだろう。

ライブを聴いてアルバムを手にしてもらうという意味ではソロライブになったのは良かったし、ランプのお客さんで初めて西山さんを聴かれたという方も居られたのではないかと思うが、知ってもらうという意味でも良かったのではないか。

 

f:id:necojazz:20201227191149j:plain

 

アルバムの制作にあたって20曲くらい録られたそうだが、ライブではアルバムでボツになった曲も弾かれた。

ボツになったと言っても曲の良し悪しではなくアルバムを通して聴いたときのバランスで選曲されているので曲単体としてはすこぶる良さ。

炎の揺らめきを感じた音はアルバムにはマッチしていなかったかも知れないが、ランプの空間ではマッチを擦ってともした灯りのように心を揺らしてくれた。

ライブ終了後はマスターとゆっくりと話をされたそうで、またランプでもお聴きできそうだ。

 

f:id:necojazz:20201227183837j:plain

 

毎年恒例の年末最終土曜日のナムホール1F ナムサロン。

これを聴かなければ年を越せない。

前日のランプでのライブが、愛知県の時短要請により途中で換気をしながらの90分1ステージでMC少なめだったが、この日はMCもたっぷりとお聞きできた。

コロナ禍で閉店してしまったライブハウスへの想いや、コロナ禍でのミュージシャンのモチベーションなど、そうなんだと思う部分も多々あった。

 

f:id:necojazz:20201227221150j:plain

 

初めてのハコとホームと言えるサロン、アップライトとグランド、怪しい匂いの夜と健全な雰囲気なお昼、無骨なマスターとジェントルマンのオーナー、いろんな意味で対照的な感じを受け、同じ曲も違って聴こえて趣があった。

ナムサロン名物のフリードリンクとフリーお菓子がコロナ禍でなかったのか寂しかったが、2021年の最終土曜日にはフリードリンクとフリーお菓子がありますように。